ま~や行

被相続人が亡くなった後、死亡保険金は保険会社からもらうもの、死亡退職金は被相続人が
勤めていた会社からもらうものであり、被相続人が生前に持っていた財産ではないのに、
相続税が発生するのでしょうか。
相続人が、「被相続人の死亡を原因として、財産をもらった」と
いうことは、「相続で財産をもらった」のと同じ事になります。ですから、このような財産を
相続財産としないと不公平が生じてしまいます。
ですから、たとえ被相続人が生前に持っていなかった財産であったとしても、相続でもらったもの
(相続財産)と
みなして、相続税をかけることにしているのです。

 


ご案内
閉じる 読み込み中