な行

成年後見制度には任意後見制度と法定後見制度があります。違いとしては認知症などによって
ご本人の判断能力がはっきりしているかどうかで違ってきます。任意後見制度はご自身の判断能力
があるうちに誰に後見人になってもらうか、どんな事を代理してもらうのかを個別契約で
決めておく制度です。法定後見制度では、すでに判断能力が無くなってしまった場合に周囲の
方が家庭裁判所に申し立てを行い、後見人を選任してもらう制度です。


ご案内
閉じる 読み込み中