相談事例

岩倉市

岩倉の方より相続税に関するご相談

2019年02月08日

Q:姪の私が相続すると相続税額は高くなるのでしょうか?(岩倉)

先日岩倉に住んでいた叔父がなくなりました。叔父は生涯独身だったため、配偶者や子供はいませんでした。確認したところ、叔父の相続財産は叔父の弟、妹、姪である私(叔父の兄であった私の父は10年前に他界)が法定相続人として相続することになりました。相続税申告が必要なようなので準備を進めていたところ、以前私と同様の立場で相続人になり、相続税申告を行った友人に「相続税申告の時に、相続税額は2割加算になるんだよね」と言われました。相続税が2割加算になる条件とはどのようなものなのでしょうか?(岩倉)

A:今回の場合、法定相続人の皆様全員が相続税額の2割加算の対象者です。

相続税額の2割加算とは、相続税申告のために相続税を計算する過程で各相続人等の税額にプラスしてその相続税額の2割を加算するというものです。実は相続税には特有のルールがあり、被相続人の配偶者や関係性の近い相続人以外の人が相続または遺贈を受ける場合、通常の相続税額より高くなるのです。条件は以下のようになります。

 

2割加算の対象者

被相続人の一親等の血族(代襲相続人となった孫(直系卑属)を含む。)及び配偶者以外の人

 

つまり、被相続人の祖父母、兄弟姉妹、甥、姪、遺贈により財産を取得した人等は対象者となります。ただし孫の扱いは少々複雑に決められており、代襲相続人ではなく被相続人の養子になった孫は2割加算の対象者になります。孫について詳しく説明すると、

 

・被相続人の子が相続開始時に亡くなっていて、その子(被相続人の孫)が代襲相続人となる時→2割加算の対象ではありません。

・孫が被相続人の養子であっても、孫の親である子が生存していて代襲相続人にあたらない場合→2割加算の対象となります。(孫以外の人を養子にしても対象外)

・代襲相続関係なく遺贈をうけた孫→2割加算の対象です。

 

今回の相続人の方は被相続人の兄弟及び姪とのことなので、ご友人様がおっしゃっていた通り、この相続税申告をする時には、それぞれが算出した相続税額に2割加算した金額をたして納税する必要があります。なお各種控除が適用できる場合はこの加算後の金額より差し引きます。

 

相続税申告のための準備は複雑なうえ、申告に誤りがあると多くの税金を支払う可能性が生じます。ぜひ専門家の相談をご活用ください。一宮相続遺言相談センターでは岩倉地域にお住まいのお客様のご心配事を解消し、相続税申告がきちんと完了するようお手伝いさせていただきます。お気軽にご相談ください。

    岩倉の方より相続税についてのご相談

    2018年10月19日

    Q:相続税の申告期限を過ぎた場合、どうなりますか?(岩倉)

    岩倉の実家で暮らしていた母が亡くなり、四十九日滞りなく終わりました。そろそろ相続の手続きをしなければならないと思っているのですが、私は現在岩倉を離れ生活をしている事もあり中々作業が進みません。相続税の申告が必要になるような話も親族間ででていたので申告期限まで時間もなく焦っております。今から資料を集め、相続税申告の準備を始めようと思っていますが、もしも相続税申告期限を過ぎてしまった場合にはどのような事になるのでしょうか?岩倉から離れており、仕事の都合もあって自分で進めるには時間がかかりそうです。(岩倉)

    A:無申告加算税、延滞税等が基本的にはかかります。

    相続税申告の納付期限は、相続開始を知った日の翌日から10ヶ月以内になります。それを過ぎでも税金を納めなかった、もしくは足りなかった場合には延滞税がかかります。国税庁により「原則として法廷納期限の翌日から納付する日までの日数に応じて、利息に相当する延滞税が自動的に課されます」との定めがありますので、もし相続税の納付期限を過ぎてしまったとしても、一日でも早く納付する事で延滞税がそれ以上増える事のないように出来るので、期限を過ぎてしまったらなるべく早い時期に納付を完了させましょう。なおその他納付すべき税額があるのに申告しなかった時に課せられる無申告加算税にも注意が必要です。

    延滞税の内容として、国で下記のとおり決められています。

    • 納付期限の翌日~2ヶ月を過ぎるまで→原則年7.3%※①
    • 納付期限の翌日~2ヶ月を過ぎた以降→原則年14.6%※②

    ※①平成30年12月31日までは特例基準割合となり年2.6%
    ※②平成30年12月31日までは特例基準割合となり年8.9%

    特別な事情があり相続税申告が出来ない場合には、税務署へと申請をすれば2ヶ月以内の申告期限延長が可能になります。ただし、親族間での話し合いが長引き遺産分割が完了しなかった、長期の旅行にでていて連絡が取れなかった、などの理由は特別な事情とは判断されませんのでご注意下さい。

    現在、岩倉の方で相続税申告が迫っているといった方はお早目に当相談センターまでご相談下さい。資料の収集から財産の調査まで、専門家がスピーディーに対応をさせて頂きます。相続税申告の期限についてのお困り事は、一宮相続遺言相談センターの無料相談をご利用下さい。

     

    岩倉の方より相続税についてのご相談

    2018年05月10日

    Q:相続税の申告にあたり、土地の評価方法を知りたい。(岩倉)

    岩倉の実家で暮らしていた父の相続にあたり、相続税申告が必要となりました。納税額を確認したいので、土地の評価方法について教えてほしい。(岩倉)

    A:路線価方式と倍率方式の2つの方法があります。

    土地の評価方法には2種類あります。市街化区域の土地については「路線価方式」を用い、市街化調整区域の土地については「倍率方式」を用いて評価をします。土地の評価をする際に、地目を宅地・田・畑・山林・原野・牧場・池沼・鉱泉地・雑種地に分けて判断します。登記簿謄本に記載されている地目に関わらず、相続開始日での土地の状況で地目を判断し、地番ごとではなく利用状況に応じて一区画ごとに評価をします。

    相続税における土地の評価は、税理士によっても内容が変わってまいります。その結果、納税額に大きな差が出る場合もありますので、相続税の申告については、相続税申告を得意とした税理士に相談する事をお勧めいたします。

    土地の評価額がいくらになるかお知りになりたい方は、当一宮相続遺言相談センターの無料相談までお気軽にお越しください。その場で宅地の概算金額の計算をお知らせする事も可能でございます。相続税申告は、相談実績多数の当センターへとお任せ下さい。

    2 / 212

    初回の無料相談実施中!

    • 事務所へのアクセス
    • 事務所案内

    相談事例Q&A

    ご相談事例Q&A形式でご紹介いたします

    • Q&A一覧
    • テーマ別
    • 地域別