生前贈与

「生前贈与」が相続税の節税対策として有効なのをご存知でしょうか。

相続財産に対して相続税が課せられることになるため、生きているうちに子や孫へ財産を贈与することで、 相続財産を減らし、相続税の節税を図ることができます。 相続税は、相続財産が多ければ多いほど高い税率で税金が計算されます。そのため、相続財産が少なければ少ないほど税率が低くなり、相続税も少なくなるという仕組みです。

 

しかし、生前贈与をする場合でも、贈与を受け取る側に「贈与税」が課せられることがあります。税率や要件を十分確認し、節税目的のはずが逆により多くの税金を払わなければならない事態となってしまわないように注意することが重要です。

ここでは、生前贈与のしくみと有効な活用方法についてご紹介します。

生前贈与 その他のコンテンツ

初回の無料相談実施中!

  • 事務所へのアクセス
  • 事務所案内

アクセス

  • 地図
    〒491-0832
    愛知県一宮市若竹2丁目2番地5
    若竹ビル2階

相談事例Q&A

ご相談事例Q&A形式でご紹介いたします

  • Q&A一覧
  • テーマ別
  • 地域別