相談事例

一宮の方より相続税についてのご相談

2017年12月07日

Q:現金以外の家財や自動車が遺産の場合の相続税について(一宮)

一宮に住む母が亡くなりました。父は既に他界していて相続人わ私と妹の2人のみです。母が住んでいた実家について相続をしましたが、私も妹も住む予定はありませんので手放す事を検討しています。実家以外にも、車や家財道具についてのものまま残してありますが、こういった家財道具や車についての相続税はかかりますか?(一宮)

A:値段がつくものは、相続税の課税対象と判断します。

一般の方が生前所有している家具や車については、相続税の面から判断する場合は売買実例価額というもので評価をします。相続開始日に仮にその物品について買い取りをしてもらう場合の価額になります。

しかし、実際にはご実家の家財等について一点一点の購入時期を把握したり、価格を調べたりというのは難しいと思います。中古の家財についてはほとんど値段が付かないというのが現状です。その為、こういった1個または1組の価額が5万円以下の家財については、それらを一括して「家財道具一式」として概算評価をし、相続税申告をしていきます。相続税の課税対象とならなかった物について、処分に費用がかかるものもありますので、相続に係る費用としては処分費用についても注意して考えておきましょう。

相続や相続税に関しては、各家庭で全く変わってきます。当相談センターでは、それぞれのお客様にあったサポートをご提案させて頂いております。相続税に精通した税理士が親身にご案内をさえて頂きますので、ぜひお気軽に無料相談まで起こし下さい。

 

一宮の方より税理士へのご相談

2017年11月28日

Q:子供の名義で預金をしています相続財産になりますか?

県外から一宮に嫁いできて10年が経ちます。子供の出産と同時に子供の名義で預金をすることにしました。先日主人の父が亡くなり始めて相続にまつわる手続きを行っている様子に触れました。そこで心配になったのですが、現在子供の名義で行っている預金は相続財産になるのでしょうか(一宮)

A:子供の名義で行っている預金も相続財産の対象になるケースがあります。

子供の名義の預金であっても、実質的に被相続人に帰属していると被相続人の相続財産として扱われることとなり、相続税の対象になってしまいます。 子供の名義で預金をしていても、親である相談者さまが通帳や印鑑の管理をし、預金の出し入れに関しても親が行っていた場合は親の財産と判断される場合があります。したがってこのような管理をされていた場合に親である相談者さまが亡くなられた際には相続財産という扱いになり、相続税が発生することになります。相続財産になるのかどうかの判断は、国税庁の判断によりますので、ご自身の判断で決めるものではありません。
このような財産をお持ちの場合は一度専門家に相談をしてみることをお勧めします。

相続税に関する問題でお困りの方で一宮にお住まいの方は一宮相続遺言相談センターの無料相談をご利用ください。初回の無料相談でお役様のお困りごとを詳細にお聞きしてご案内いたします。

 

一宮にお住まいの方より相続税に関するご相談

2017年11月28日

Q:相続人の中に未成年がいます。相続税の控除などはありますか?

先日一宮に住む父が交通事故で突然亡くなり、母と私達兄弟が財産を相続をすることになりました。私は一番上の兄となり、下に弟が2人おります。私と2番目の弟は既に実家を離れ一宮からは出ていたのですが、一番下の弟は16歳ですので、実家で暮らしていました。相続の際には相続税が発生すると思うのですが、弟が未成年ですので何か控除のようなものはありませんか。(一宮)

A:相続税には、未成年者の税額控除という制度が適応できます

突然お父様が亡くなられたとのことでお悔やみを申し上げます。

相続をした場合、基礎控除額を超える分においては相続税を納める必要があります。通常下記の条件を満たす人は未成年者の税額控除という制度を利用することができます。
・日本に住所がある
・相続時の年齢が20歳未満
・法定相続人
詳細にはもっと細かい条件がありますが、一般的には上記に当てはまる人であれば条件を満たしています。

控除額は、[控除を受ける未成年者が満20歳になる年までの年数]×10万円となります。
※相続時に1年に満たない期間がある場合は切り捨てて計算を行います。

ご相談者さまの弟さんは16歳ということなので、4年×10万円で40万円の控除となります。

注意点としては、控除を受ける未成年者が今回の相続以前にも未成年者控除を受けている場合、控除額が制限されることがあるという点です。詳細は専門家にご相談ください。

 

また、相続した金額よりも控除額が多くなってしまい、控除額が引ききれない場合は扶養義務者の相続税額から差し引きます。

突然の相続となり行わなければならない手続きも多く戸惑われることもあるかとおもいます。一宮で相続に関してお困りでしたら一宮相続遺言センターの無料相談をご利用ください。お客様に寄り添って丁寧にご案内いたします。

 

一宮の方より相続税に関するご相談

2017年11月28日

Q:相続税の基礎控除額と相続財産がほとんど同額の場合、申告が必要ですか?(一宮)

父が亡くなり、相続人は、私と妹のみになります。相続税の基礎控除額は相続人が2名になるので、4,200万円となります。相続財産は不動産、預貯金、株式を計算し、控除額とほとんど同額ですが、4,200万円はぎりぎり超えていません。この場合申告しなくてよいでしょうか。(一宮)

A:他に相続財産となる財産がないか、確認が必要です。

相続財産の全額が4,200万円を越えない額とのことですが、不動産や預貯金、株式以外にも相続税の対象となる相続財産があるケースもあります。貴金属や、書画、骨董や役所からの給付金なども相続税の対象になる場合もあります。また、相続開始3年以内に被相続人が相続人に財産の贈与があった場合には、相続財産に持ち戻して計算することとなります。 こういった財産が、ご自身で計算した相続財産以外にもある場合には、申告しなくてよいという判断はできません。相続税の対象となる相続財産があるにも関わらず相続税申告を行わなかった場合には、脱税という事態にもなりまねませんので、ご不安な場合には一度ご相談ください。一宮で相続税申告の相談でしたら、当センターにお任せください。

一宮にお住まいの方から相続についてのご相談

2017年10月31日

父の相続について、相続手続きのすすめかたが分かりません(一宮)

先月父が他界いたしましたが、急な事だったため遺言書などもなく、何から手をつけていいのかも分かりません。(一宮)

相続の手続きには期限があるものも。早めの手続きをお勧めします。

一般的な相続の手続きの流れは、下記のようになります。

・死亡届提出(亡くなってから7日以内に役所へ提出)

・相続人の確定・・・戸籍謄本等を収集して調査

・相続方法の決定・・・相続をするのか、放棄をするのか

(相続放棄は相続発生を確認した日から3ヶ月以内に家庭裁判所へ申立て)

・遺産分割協議書の作成

・相続する遺産の名義変更・・・亡くなった方の名義を相続人名義へと変更

相続についての主な手続きはこちらにあげた内容になりますが、相続する財産が多い場合などは相続税の申告が必要になる可能性が出てまいります。相続税の申告には期限があり、相続開始を知った日から10ヶ月以内となっています。

当相談センターは、相続の専門の会計事務所として、一宮エリアを中心として相続のお手伝いをさせて頂いております。一宮で相続についてのご相談をお持ちの方、ぜひ相続のお手続きから、相続税の申告まで、安心してお任せ頂ける当センターの無料相談へとお越しください。

1 / 3123

初回の無料相談実施中!

  • 事務所へのアクセス
  • 事務所案内

相談事例Q&A

ご相談事例Q&A形式でご紹介いたします

  • Q&A一覧
  • テーマ別
  • 地域別