遺言書の作成|一宮の税理士・行政書士が遺言書の無料相談

遺言書とは?

iwata_08.png

遺言とは、自分の死後に財産を誰にどのように配分するかなどを書き記すもの
です。
遺言がない場合、相続人の間で財産分けの話合いをしてもらわなければ
なりま
せん。

仲の良い家族であっても、相続人の配偶者や子などの思惑などもからんで、
争いごとに発展することも多いものです。

不動産のように換金が困難なものもあり、法定相続分に従って分けるには難しいケースも出てきます。

自分に万が一のときは、

「家族が今までどおりうまくやってくれるだろう。」
「この家はこの子が住み続けて、預金などは話し合って仲良く分けてくれる
だろう。」

と安易に考えていませんか?

あなたが天国に旅立った後、あなたが愛する人たちが、あなたに感謝しながら、あなたの財産を有効に使って仲良く暮らすために遺言を作りましょう。


遺言」とは?

故人の生前における最終的な意思表示を尊重し、死後にその意思を実現させるための制度です。

主に、遺言者の財産について誰が何を相続するかについて書かれています。

民法所定の厳格な方式によることが必要であり、それによらない遺言は無効になります。

(「相続に関する用語集」より) 


遺言書については、こちらからご確認ください

2013年10月10日
遺言書作成時の財産調査
2013年10月10日
遺言の取り消し、変更、再作成
2013年10月10日
遺言執行者の指定
2013年10月10日
遺言の執行
2013年10月10日
遺留分減殺請求の手続きのしかた


ご案内
閉じる 読み込み中