相談事例

稲沢市 | 一宮相続遺言相談センター

稲沢の方より相続税についてのご相談

2021年12月01日

Q:初めて相続税申告の手続きをするのですが、相続税について税理士の先生に詳しく教えていただきたく思います。(稲沢)

税理士の先生、お世話になります。
先日、稲沢の実家で1人暮らしをしていた父が亡くなり、相続が発生しました。
母はずいぶん前に亡くなっているのですが、そのときは父親が相続手続きをし、結果的に相続税申告の対象にはならなかったと記憶しています。
今回の父の相続手続きは4人兄弟の長男である私がしているのですが、相続税申告をするのは初めてです。

相続税申告の対象になりそうな財産といえば、現在把握しているのは稲沢の実家のほか、父が稲沢市外に持っていた複数の不動産、あとは預貯金です。
稲沢の実家の片付けが終わっていないので、もしかしたら他にも相続税申告の必要な財産が見つかるかもしれません。

なにぶん初めての相続税申告なので、自分なりに調べながら相続税申告の手続きをしようと思ったのですが、一人では手に負えなくなっています。
相続税申告には期限があるということは知っているのですが、無事手続きを終えられるか不安でなりません。

私は稲沢の近くに住んでいるのですが、下の兄弟たちは稲沢から離れたところで長く暮らしているので、手を借りながら相続税申告の手続きをするにも難しい状況です。
そもそも相続財産の調査も終わっていない中で、父の相続財産が相続税申告の対象になりえるのかもわかっていません。
一度、相続税申告までの流れについて詳しく教えていただけませんでしょうか?(稲沢)

A:まずは、相続税の申告が必要がどうかを判断する必要があります。

相続税申告は、相続財産の総額と基礎控除額によって、相続税の申告・納税が必要になるケースと不要なケースがあります。
相続税の申告が必要かどうかを判断するためには、相続人が誰なのかを調査し、課税対象の財産とその金額を正確に把握しなければなりません。

相続税に関する具体的な手続きの流れは以下になります。

  1. 相続人の調査:被相続人の出生から死亡までの戸籍謄本や相続人全員の戸籍謄本を収集し、公的に相続関係を証明します。
  2. 相続財産の調査:相続の対象となりうる被相続人の財産について、見落としやミスがないよう正確に調査します。
  3. 遺産分割協議:相続人全員で、誰がどの財産を相続するかについて話し合いを行います。
  4. 相続税申告:相続財産の総額が基礎控除の金額を超えた場合には、相続税の申告・納税が必要です。
  5. 相続財産の名義変更:不動産や預貯金等の名義変更の手続きを行います。

なお、相続税申告にあたっては、課税対象の財産と非課税の財産があります。下記に代表的な例を挙げましたので、ご参照ください。

【課税対象の相続財産】

  • 土地・家屋
  • 有価証券・現金・貸付金・未収金
  • 貴金属・骨董品
  • みなし相続財産(生命保険金・死亡退職金)
  • 相続・遺贈により財産を取得した者が相続開始までの3年以内に受けた贈与財産

など

【非課税の相続財産】

  • 祭祀財産(お墓・仏壇・仏具等)
  • 国や特定の公益法人に寄附した財産
  • 心身障害者共済制度に基づく給付金を受ける権利
  • 生命保険金の非課税枠(相続人が受け取った生命保険金のうち「500万円×法定相続人数」まで)
  • 死亡退職金の非課税枠(相続人が受け取った死亡退職金のうち「500万円×法定相続人数」まで)

など

相続税の申告をするうえでは、課税対象となる相続財産がいくらあるのかを正確に把握する必要があります。
特に、不動産評価額の査定には非常に細やかな知識が求められるため、ご相談者様のように相続財産として複数の土地が挙がるケースでは、正しい相続財産の総額を自分だけで判断するすることは非常に困難です。
相続税申告の手続きの中で、どのくらい価値があるのかわからない財産がある、課税対象となるのか判断に迷うといった場合には、一度相続税に詳しい専門家にご相談されることをおすすめいたします。

一宮相続遺言相談センターでは、稲沢や稲沢周辺にお住まいの皆様からの相続税申告に関するご相談を承っております。
一宮相続遺言相談センターには相続税申告に関する知識や経験の豊富な税理士が在籍しておりますので、まずは初回の無料相談から稲沢の皆様のお話をお聞かせください。
皆様それぞれのお悩みに合わせて、スタッフ一同真摯にサポートさせていただきます。

稲沢にお住まいの方からのお問い合わせを心よりお待ち申し上げております。

稲沢の方より相続税についてのご相談

2018年12月05日

Q:相続人に未成年者がいます。相続税の控除は何かありますか?(稲沢)

祖父が先日亡くなりました。稲沢に住んでいた祖父は、もう引退していましたが、稲沢で先祖代々引き継いできた事業を大きくし、個人的にも資産家でありました。私の父は5年前に亡くなっており、相続人は父の姉と、私と私の妹の3人です。妹はまだ高校生で未成年者になります。未成年者なので、相続人でない私たちの母が妹の特別代理人に選任され、遺産分割協議を進めています。恐らく相続税の申告も必要と思われますが、未成年者の妹が祖父の財産を相続する時に、相続税の控除等はあるのでしょうか?(稲沢)

A:未成年者には未成年者控除があります。

相続税は、被相続人が残した遺産を相続、取得した相続人が支払う必要のある税金です。未成年者である妹様が相続税を支払う場合、条件を満たしていれば妹様には未成年者控除が適用されます。基本的に未成年者控除が使える条件が以下の内容です。

 

①相続や遺贈で財産を取得したときに日本国内に住所があること(住所がない場合は別途条件あり)

②相続や遺贈で財産を取得したときに20歳未満

③相続や遺贈で財産を取得した人が法定相続人であること

 

なお未成年者控除は以下の方法で計算します。

  • 未成年者控除=(20歳-相続開始時の年齢)×10万円

つまり、20歳に達するまでの年数×10万円が、妹様の取得財産に応じた相続税額より差し引くことができます。仮に妹様が17歳5か月だとすると(20-17)×10万円=30万円になります。5か月は切り捨てて計算するため20歳までの年数は3年ということです。

 

一宮相続遺言相談センターでは地域密着で相続税の相談を親身になって承っております。稲沢にお住まいの方で、根本的に相続税がかかるかどうかもわからないという状況でも大歓迎です。いつでも専門家による無料相談にて対応させていただいております。少しでも不安が解消されますよう、お話しをお聞かせください。

稲沢の方より相続税における名義預金と相続財産についてのご相談

2018年09月04日

Q:父が私の為に貯めておいてくれた預貯金も相続財産?(稲沢)

先日、父が亡くなり遺産分割の為に家族が集まって話すことがありました。その時に兄からある銀行の口座にある私名義の預貯金も相続財産になるから出してほしいと言われました。それは父が生前に、私名義の預金通帳を作りお金を貯めておいてくれたものです。父は兄には留学資金や一人暮らしの為など何かとお金を出していたけれど、私には出していないから今後なにか必要になったとき自由にこのお金を使えるようにと通帳と印鑑を私に渡してくれました。母も父からこのお金は私にあげたと聞いていたそうですし、私ももう自分のお金だと考えて、卒業旅行の為に一部ですが使っています。私は残りのお金を父の相続財産として返さなくてはいけないのでしょうか?(稲沢)

A:お互いの合意を証明できれば相続財産にはなりません

被相続人がご家族の名義で行っている預金は、実質的にはご家族に名義を借りているだけで被相続人の財産で構成されているという場合、相続財産の一部と見なされます。

このようなご家族名義の預金を名義預金といいいます。

ですが、今回のご相談のケースでは、お父様からご相談者様のために貯めた預金をもらったということなので、相続財産に含まれない可能性があります。

そのためには適正に贈与を成立させることが必要です。あげるよ、もらったよというお互い合意を証明できるもの、贈与契約書や贈与税の申告書があればベストです。もらった人(ご相談者様)が通帳、印鑑を管理していることも重要な判断ポイントです。名義よりも誰の管理・支配であるかが大切なのです。

これはお兄様の説得だけではなく、税務署による相続税の調査のためにも必要な証明です。ただしお兄様の主張によっては生前贈与として特別受益となる可能性はあります。しかしながら、お兄様にも同様の事が言えるので遺産分割協議が重要となるでしょう。

 

一宮相続遺言相談センターでは相続税に精通した税理士・行政書士が自信を持って相続手続きのお手伝いをしています。相続についてご不安な点があれば、当センターの無料相談でお話をお聞かせください。

初回の無料相談実施中!

  • 事務所へのアクセス
  • 事務所案内

相談事例Q&A

ご相談事例Q&A形式でご紹介いたします

  • Q&A一覧
  • テーマ別
  • 地域別