相談事例

江南市 | 一宮相続遺言相談センター

江南の方より頂いた相続税についてのご相談

2021年11月02日

Q:税理士に依頼しないで、自分で相続税の計算をして申告することはできますか?(江南)

父が亡くなって3ヵ月が経ちます。現在は少しずつですが相続手続きをしているところです。母と私が相続人ですが、財産は預貯金が少しと、家や土地が数カ所ありましたので、どうやら相続税の申告が必要なようです。正直、父の相続で余計なお金をかけたくないというのが本音ですが、相続税の申告手続き以外にもいろいろとやらなければいけない相続手続きあり、先日は戸籍収集に思いのほか時間を要してしまいました。

相続手続きは煩雑なため、当初は相続税を専門とする税理士に依頼しようと考えていました。しかしながら父の遺産に現金は少なく、専門家に依頼するための費用の捻出に困っているため自分でやろうか悩んでいます。相続税の申告に関する計算や手続きは自分でやることはできますか?(江南)

A:相続税の申告には期限があります。ご自身で相続税の計算および申告をすることは可能ですが、税理士に依頼する方が安心です。

ご自身で相続税の計算を行って申告をすることは可能ですが、相続税申告を専門とする税理士へ依頼した方が間違いはありません。また、相続税申告には期限が設けられており、ご相談者様はお父様が亡くなられてからすでに3ヵ月経過していることが懸念されます。

相続税の申告は内容が複雑で、財産に家や土地が含まれている場合、土地・建物の評価計算や相続登記(名義変更)など申告の内容は更に煩雑になることが予想されます。また相続税の控除や特例を的確に適用させることで最終的な相続税額を大きく減税できる可能性があります。しかしながらこの控除や特例の適用には長年培った経験と相続税申告の専門知識が非常に重要となります。

もしも計算を間違えて申告してしまうと、本来納めるべき税金の他に過少申告加算税や延滞税などのペナルティが加算される恐れもあります。知識や経験のない方が手続きをすることは可能ではありますが、相続税申告の手続きは正確でなければならないにもかかわらず、スピードも求められる作業ですので、税理士に依頼いただき、スムーズな申告を行うことをお勧めいたします。

一宮相続遺言相談センターでは相続税申告について江南の皆様に分かりやすくご説明できるよう、相続税申告の専門家による無料相談の場を設けております。また、相続税申告のみならず、相続全般に精通した専門家が江南の皆様のお悩みを丁寧にお伺いさせていただいておりますので、遠慮なくお問合せください。江南の皆様、ならびに江南で相続税申告ができる事務所をお探しの皆様からのご連絡を心よりお待ち申し上げております。

江南の方より相続税についてのご相談

2021年09月02日

Q:亡き父の自宅よりたんす預金が見つかりました。相続税申告の際、どのようにすればいいのでしょうか。税理士の先生、アドバイスをお願いします。(江南)

亡くなった父の自宅を整理していたところ、たんす預金を見つけました。
思えば孫にお小遣いをあげる時にはたんすから出していたので、少し入れていたのかなと思いましたが、色々な引き出しから出てきてしまい、合計するとかなりの金額になりそうです。
もしかしたらまだ現金がどこかに残っているかもしれません。
これから相続税申告もしなければならないのですが、たんす預金も相続税申告に含めるのでしょうか。
相続税申告が必要な場合にはどのように申告すればいいのでしょうか。(江南)

A:たんす預金も相続税の課税対象となりますので、忘れずに申告しましょう。

相続税は被相続人が所有していた財産全てが対象となります。
今回見つかった、たんす預金のような手許現金も相続税の課税対象となります。

たんす預金が色々なところから発見され、まだ残っている可能性がある、ということですが、相続人であるご相談者様が確認できた現金を集計し、相続財産として申告をすれば問題ありません。
相続税の申告は申告納税制度を採用しており、たんす預金のように明確に証明することが難しい場合、財産のすべての証明を求められることはありませんので、わかる範囲で申告をしましょう。

なお、税務署では生前の所得金額、金融機関の口座など細部にわたって調べることが可能です。
万が一税務調査が入った場合には被相続人の所得金額、所得水準と比較し、口座残高が少ない、用途不明の多額の引き出しがあった、という場合にはそれらの現金の使い道も確認されます。
また、被相続人の口座だけではなく、相続人の口座にも死亡日前後で不自然な動きや多額の入金がない調査されることもあります。疑わしいと思われる場合には説明を求められることがあります。

たんす預金は証明することが難しいことを逆手に取り、相続税の課税対象財産として申告しないことは当然許されません。
申告しなくても見つからなければ問題ない、と思うかもしれませんが、上記に記載した通り、税務調査によって発覚しますので注意しましょう。

相続申告が必要かどうかわからない、相続税申告の手続きが分からないとお困りの江南近郊にお住まいの方は、一宮相続遺言相談センターにご相談ください。
相続税申告に関する経験豊富な税理士が、江南の皆様のご状況を丁寧にお伺いさせて頂き、最善の方法をご提案いたします。
相続税申告の実績の豊富な一宮相続遺言相談センターでは、相続税申告手続きの専門家が、江南の皆様の相続税申告のサポートをいたします。
初回のご相談は無料ですので、ぜひご活用ください。
江南の皆様からのご連絡を一宮相続遺言相談センターのスタッフ一同、心よりお待ち申し上げております。

江南の方より相続税についてのご相談

2021年07月02日

Q:自分で相続税の申告をしたいと思っています。不動産の評価方法を知りたいので税理士の先生にお伺いします。(江南)

初めて質問させて頂きます。私は江南出身ですが、今は県外に住んでいます。両親は江南にある実家に住んでいますが、先日父が亡くなり、江南市内の葬儀場で葬儀を行いました。葬儀や相続手続きのため、私はしばらく実家に滞在し、その間に遺品整理などを行ったところ遺言書の発見には至らず、また父の相続財産については、江南にある実家と、預貯金が2000万円程度でした。相続人は、母と私と弟の3人です。実家の評価額によっては、相続税申告が必要になってくると思いますが、可能であれば自分たちで相続税の申告を行おうと思っています。そこで、税理士の先生に実家の評価方法について教えて頂きたく問い合わせました。(江南)

A:土地の評価は路線価、建物の評価は固定資産税評価額が相続税における評価額です。

相続税申告における不動産は預貯金のように簡単に評価する事は出来ません。自宅は土地と建物に分けて評価を行うなど、土地評価は法律により定められている方法に従います。

まず、土地の評価方法は、国税庁のホームページに掲載されている、土地の時価である路線価を用いて評価します。この路線価からその土地の形状や面積、周辺の環境などを考慮して、評価額を算出し、実際に納める納税額を下げていきます。

路線価が定められていない地域に関しては、各地域で定められている一定倍率をその土地の固定資産税評価額に乗じて計算をする倍率方式で計算します。

建物の評価は、固定資産税評価額が評価額となります。固定資産税評価額は、毎年5月頃に届く固定資産税納税通知書で確認することができますが、固定資産税納税通知書は、各市町村によって様式が異なります。固定資産税評価額は課税標準額とは異なるため、ご注意ください。

 

適切な土地評価額算出のためには、多くの専門的な知識が必要です。ご自身で相続税の申告を行うことは可能ですが、相続税の申告には期限もあるため、相続税申告をされる江南の皆様は、相続税の専門家である一宮相続遺言相談センターの税理士へ依頼される事をお勧めいたします。

相続申告が必要かどうかわからない、相続税申告の手続きが分からないという江南の皆様は、一宮相続遺言相談センターにご相談ください。相続税申告に関する経験豊富な税理士が、江南の皆様のご状況を丁寧にお伺いさせて頂き、最善の方法をご提案いたします。相続税申告の実績の豊富な一宮相続遺言相談センターでは、相続税申告手続きの専門家が、江南の皆様の相続税申告のサポートをいたします。初回のご相談は無料ですので、ぜひご活用ください。江南の皆様からのご連絡を一宮相続遺言相談センターのスタッフ一同、心よりお待ち申し上げております。

初回の無料相談実施中!

  • 事務所へのアクセス
  • 事務所案内

相談事例Q&A

ご相談事例Q&A形式でご紹介いたします

  • Q&A一覧
  • テーマ別
  • 地域別