会社設立・会計業務・各種許認可に関するご相談事例をご紹介いたします。

江南市

江南の方より頂いた相続税申告についてのご相談

2018年08月08日

Q:母の相続財産が不動産ばかりで相続税を支払えません(江南)

先日、母が亡くなり、江南の自宅を相続することになりました。預貯金の相続財産はほとんどなく、私も貯金がないので、相続税の納付ができるか心配です。先祖代々受け継いできた土地なので私も相続したいと思っているのですが、相続税を納付できるだけの現金がない場合はどうなるのでしょうか?(江南)

A:相続税は要件を満たしていれば、延納や物納が可能です

相続税の納税は、相続人が相続開始を知った翌日から10ヶ月以内に現金一括払いが基本です。

しかし、ご相談のケースのように相続財産の不動産の割合が大きい相続の場合には現金での一括払いが難しいということも起こります。

延納・物納は税務署による審査を受け、現金納付が困難であると判定された場合に認められます。延納とは、相続税を分割して支払うことで、可能な期間は原則5年、最高20年までです。ただし、延納には利子税がかかりますので注意が必要です。延納でも納税が困難である場合は、物納することができます。物納は税金を物で納めるという相続税においてのみ認められている特殊な制度です。物納された物は一般競争入札で売却されますが、現金での納税に比べて多くの手間がかかるので、物納が認められるのは納税者がどうしても現金納付や延納ができない場合に限られ、物納できる財産の種類も優先順位も決まっています。

【物納できる財産の優先順位

  • 不動産、国債、地方債、船舶、上場株式等
  • 非上場株式等
  • 動産

上記1~3を同時に所有している場合は優先順位が高いものから物納しなければいけません。また、物納にも利子税がかかる場合がありますので注意が必要です。

 

一宮相続遺言相談センターでは相続税申告に精通した税理士が自信を持って相続手続きのお手伝いをしています。相続税申告手続きでご不安な点があれば、当センターの無料相談でお話をお聞かせください。

江南の方より相続税申告についてのご相談

2018年03月16日

Q:相続税申告を税理士に依頼したいが、税理士なら誰でも大丈夫でしょうか?(江南)

江南の土地を相続し、相続税の申告をしなければならないが、どこの税理士に依頼をしたらいいのか分かりません。税理士なら誰でもよいのでしょうか?地元の江南にある税理士事務所の方がよいのでしょうか。(江南)

A:税理士選び方として、大きく3つの目安があります。

以前であれば、相続税申告は財産の多い資産家や事業をしている方だけの話だと思われていましたが、現在は相続税の基礎控除額が下がった事により、その対象者はここ数年で各段に増えています。実際、こちらのご相談者様も、まさか自分が相続税を納付しなければならないとは思っていもいなかったとの事です。

相続税申告を安心して依頼できる税理士を選ぶ為に、大きく3つの目安があります。

1)不動産評価が得意である

2)書面添付制度を利用している

3)仕事のスピード

>>詳しくは相続税申告に強い税理士の選び方のページをご覧下さい。

相続税の納税額というのは、担当する税理士により金額に大きく異なる場合があります。相続税の申告に精通した税理士であれば、遺産を無駄にする事なく相続税の申告額を抑える事も出来るのです。報酬の高い安いや、近くにあったら、といった事で安易に税理士を決めるのではなく、その内容を見極めて税理士選びする事をお勧めいたします。

一宮相続遺言相談センターは、江南の方の相続税案件も多く手掛けております。相続税申告を専門としておりますので、相続手続きについても対応をしておりますので、相続のお手続きから相続税申告まで、まずは今のお困り事を無料相談でお聞かせ下さい。初回より丁寧に親身に対応をさせて頂きます。

初回の無料相談実施中!

  • 事務所へのアクセス
  • 事務所案内

相談事例Q&A

ご相談事例Q&A形式でご紹介いたします

  • Q&A一覧
  • テーマ別
  • 地域別