相談事例

江南市 | 一宮相続遺言相談センター

江南の方より相続税申告についてのご相談

2021年04月08日

Q:税理士の先生にお尋ねします。相続人が離れて暮らしている為、相続税の申告期限までに遺産分割の話し合いが終わりません。どうしたら良いでしょうか。(江南)

はじめまして。私は江南出身で、現在は東京に住む50代の会社員です。江南の実家に住んでいた父が亡くなって半年が過ぎようとしています。父は江南から出ることはなく、最後も江南市内の病院で息を引き取りました。相続人は私を含めた兄弟4人ですが、それぞれ独立し、海外に住む者もいて連絡を取り合うのもやっとという状況です。
父の相続財産は、江南市内にある不動産がいくつかと数千万の預貯金でしたので、相続税申告は避けられません。また、父は遺言書を残しておらず、遺産分割協議をする必要があるのは分かっているのですが、先ほど申しましたように相続人がばらばらで、話し合いの場を設けることはもちろん、相続税に関する各種手続きを行うことも難しい状況です。
既に父が亡くなって半年過ぎていますし、このままでは相続税の申告期限内に遺産分割の話し合いは終わらないと思います。このような場合、どうしたら良いか教えてください。(江南)

A:遺産分割がまとまらない場合でも一旦、相続税の申告、納税をします。

相続税申告・納税は“被相続人が亡くなったことを知った日の翌日から10か月以内”に申告、納税しなければなりません。申告期限を過ぎると本税の他にペナルティを課せられてしまう可能性がありますので、遺産分割がまとまっていない場合でも一旦、法定相続分で課税価格を未分割のまま計算して相続税の申告と納税を行います。この場合、原則「小規模宅地等の特例」や「配偶者の税額軽減の特例」の適用をして相続税額を計算することはできませんが、後に「申告期限後3年以内に分割された場合」等、一定の要件を充たしていれば適用が認められることもありますので「申告期限後3年以内の分割見込書」も併せて提出しておきましょう。

また、遺産分割協議がまとまってから先に申告した内容に訂正があった場合についてですが、実際の相続税額が当初の相続税申告額よりも多い場合は「修正申告」をして差額を納税し、当初の相続税申告額よりも少ない場合は「更正の請求」をして差額を還付してもらいます。

相続税申告が必要かどうかわからない、相続税申告の手続きが分からないという江南の方は、一宮相続遺言相談センターにご相談ください。相続税申告に関する経験豊富な税理士がまずは無料相談の場にて、江南の皆様の現在のご状況を丁寧にお伺いさせて頂き、最善の方法をご提案いたします。江南近郊で相続税申告の実績が多い一宮相続遺言相談センターでは、相続税申告手続きのエキスパートである専門家が、江南の皆様の相続税申告のサポートをいたします。ぜひ初回無料相談の場をご活用いただき、江南の皆様の相続税申告に関するご不安事をお気軽にお話しください。江南の皆様からのご連絡を一宮相続遺言相談センターのスタッフ一同、心よりお待ち申し上げております。

江南の方より相続税申告についてのご相談

2021年02月15日

Q:自分で行う相続税申告について、税理士の先生にお伺いしたいです。(江南)

江南在住の60代女性です。江南市内の病院に長らく入院していた夫が、先月末に容体が急変し亡くなりました。いまは葬儀も終わり少し落ち着いてまいりましたので、相続手続きの準備をし始めたところです。相続人にあたるのは、妻である私と、江南近郊に住んでいる息子ということになります。息子によれば、夫が生前に所有していた財産は預貯金のほかに自宅、土地、不動産数件で、それらのおおよその価格を計算してみると相続税がかかることが分かったそうです。相続税申告は書類などを用意するのも手間がかかりますし、そもそも手続きが難しいでしょうから、私は専門家の方にすべてお願いしようと考えていました。しかし息子は、相続税の計算も手続きも全部自分でできるから余計なお金をかけるなというのです。計算違いがあっても大変ですし、なにより息子は仕事も忙しく、一切を抱え込んでしまうのは大変なのではと心配しています。相続税申告に関して詳しくなくとも、自分一人で手続きをすることは可能なのでしょうか。(江南)

A:ご自身での相続税申告は可能ではありますが、税務に関する知識がない方には負担が大きいため、税理士に依頼したほうが安心です。

現在多くの税金は申告納税方式をとっており、申告が必要な人が自らその額を計算して税務署に申告納税をしなければいけません。相続税もその制度を採用している税金の一つです。そのため相続において申告が必要と判断される場合、期限である10ヶ月以内に申告書を作成し納税までを済ませることになります。

実際のところ、ご自身で手続きを行われる一般の方もいらっしゃいます。しかし、相続税申告を専門としている税理士に任せてしまったほうが安全かつスムーズです。
相続税申告というのは複雑なものです。十分に理解しないまま申告してしまうと、本来の税金のほかにも過少申告加算税や延滞税といったペナルティが課されてしまう恐れもあります。特に不動産に関しては正しい知識を持ち合わせていないと、適正な評価額を算出できず、余計に相続税を支払ってしまうというリスクもあります。また、相続税の計算を行うためには遺産の分割方法について相続人間での合意が取れていないと正しい納税額を算出てきませんが、遺産分割協議までに戸籍や財産の調査を行わなければいけないうえ、すんなりと遺産分割協議がまとまるとは限らないので、おそらく予想以上に時間や手間がかかります。

このように、相続税申告の手続きは難しく、膨大な時間と手間が掛かる上にスピードも求められます。そのため、多くの方が税理士に申告業務の代行依頼をしていらっしゃいます。

一宮相続遺言相談センターでは、江南エリアにお住まいのお客様より、相続税申告に関するさまざまなご相談を数多くお受けしております。江南の地域事情にも詳しい相続税のプロが丁寧にヒアリングし、スムーズなお手続きを実現いたします。はじめてのご相談は無料ですので、是非お気軽にご利用下さいませ。江南のみなさまからのご連絡を、スタッフ一同心よりお待ちしております。

江南の方より相続税についてのご相談

2020年12月09日

Q:先日亡くなった父から長年贈与を受けていました。生前に贈与された財産も相続税の対象になるのか税理士の先生にお伺いします。(江南)

税理士の先生にお伺いしたいことがあって連絡させて頂きました。私は江南に住む50代の主婦です。先日、江南で同居していた父が亡くなりました。父は遺言書を残しておりませんでしたので、相続人は私と母の二人です。相続財産について一通り調べたので今は相続税について調べているのですが、私は相続税対策として10年ほど前より父から年間110万円を超えないよう贈与を受けてきました。年によって額は異なりましたが、110万円を超えることはなかったので贈与税は納付したことがありません。今年も贈与を受けましたが、相続税の計算上これまでに父から贈与を受けた分の扱いはどうしたら良いのか教えて頂けますでしょうか。(江南)

A:お父様(被相続人)が亡くなる3年前から亡くなるまで贈与を受けた分に関して相続税の対象となります。

ご相談者様もご存知の通り、年間110万円までの贈与なら贈与税がかからないという控除があります。しかしながら相続税の計算では、相続が開始された日から3年前までに贈与された分は相続税の課税価格に含めて計算することになっています。

このルールについては下記の人が対象となります。

  • 財産を取得した相続人
  • 受遺者
  • みなし相続財産(生命保険金など)を取得した人
  • 相続時精算課税制度の適用者

上記に当てはまる人が被相続人から生前贈与を受けていた場合には贈与分を相続税の計算に含めて算出します。

つまりご相談者様はお父様が亡くなる今年まで贈与を受けていらしたので、相続税についてはお父様が亡くなる前の3年間の贈与分が課税価格に加算されることとなります。

相続税の課税価格の計算を行う際は、様々な制度を把握した上で行う必要があります。

ご自身の財産の課税、非課税については専門的な知識がないと判断できない複雑な分野となります。いい加減な計算を行い、過少申告をしてしまうとペナルティが課せられることもあるので注意しましょう。

一宮相続遺言相談センターでは、江南の皆様の相続税申告をお手伝いさせていただいております。相続税の申告には多くの専門的知識が要求され、様々な決まり事もありますので、トラブルを避けるためにも相続税専門の税理士に相談する事をお勧めします。江南の皆様の相続税の専門家として、相続税手続きのエキスパートである税理士が複雑な相続税申告をサポートしております。相続税に関するご不明なことやご心配ごとがある方は初回のご相談は完全無料で対応させていただいておりますので、まずはお気軽に一宮相続遺言相談センターまでご連絡ください。江南の皆様の様々な事情をお伺いし、江南の皆様の親身になってサポートをさせていただきます。

初回の無料相談実施中!

  • 事務所へのアクセス
  • 事務所案内

相談事例Q&A

ご相談事例Q&A形式でご紹介いたします

  • Q&A一覧
  • テーマ別
  • 地域別